スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
│posted at --:--:--│
2005.10.23(日)

ドッグショーとは何ぞや?

先に書きました「業界用語的キーワード」の1つ「ドッグショー」に関して
ハンドラー助手としてダメダメな母ちゃん。が
分かる範囲で書いてみたいと思います。階段に登れる様になった雪ちゃん

「ドッグショー」とは所謂゛犬の展覧会゛の事です。
アメリカの有名ドッグフード会社であります「ペディグリー」がドッグショーに協賛していて
TVコマーシャル等で大きい規模のドッグショーを映し
「この展覧会の最優秀犬は当社のフードを食べて育ちました!」みたいなのを
放送しているのでドッグショーの雰囲気をご覧になった事がある方も多いかと思います。

ドッグショーに参加する犬は主催者側の会に所属している必要があり
日本で一番有名なのは「JKC(ジャパン・ケネル・クラブ)」。
一般的に゛血統書付き゛と言われる犬が持っているのはこちらが発行した血統書で、
これ以外の会もありますが、あまり有名では無く一般的ではありません。
上記のペディグリーが協賛しているドッグショーもJKCのものです。
基本的にJKCの血統書を持っている犬は、どの犬でもドッグショーに参加する事が出来ます。
どー見てもペットちゃんにしか思えないワンコでも参加は可能ですし自由です。
参加するには参加費用(出陳料)が掛かり、展覧会の規模によりますが1回約1万円くらいです。
どの展覧会にもバリバリのショードッグが参加するワケですし結構なお金も掛かりますので
ペットちゃんを参加させる飼い主さんは居ない様です。

では次に「ショードッグとは何ぞや」です。
ショードッグとは゛ドッグショーに参加する犬゛の総称です。
主に血統を加味し交配して生まれた子犬の中から骨格やキャラクター(性格)等を鑑みて
JKCが推奨する「その犬種のスタンダード(基本条件)」の条件を持つ犬の事を言います。
その選ばれし犬たちの中でもよりスタンダードに沿っているものがチャンピオンになり、優秀犬となるワケです。
ショードッグ予備軍となった子犬は目が開き、走り回れる様になり
離乳食が始まった生後1ヶ月くらいからショーに向けてマナー(躾)を入れ始めます。
マナーの入れ方についてはまた後ほど。

ドッグショーはある意味、犬たちの戦場です。
沢山の犬が居て、見物人が沢山いる中でハンドラー(犬を引っ張って導く人)の指示通り動くのは
犬たちにとっては大変な仕事だと思います。
展覧会は全国で開催されており、有名犬たちは車や飛行機、又は船などで
長時間狭いバリケンに入れられての旅を強いられます。
土・日2DAY続けての出陳の時もあれば、祭日などを絡ませた3DAYの時もありますし
翌週も展覧会があればそのまま居残っている場合もあります。
プロ・ハンドラーは季節によって1ヶ月など長期で滞在して参戦する事も。
犬たちも本当に大変です。
ショードッグたちに求められるものは
そんな過酷な条件の中でも怖気づく事無く戦う素晴らしいキャラクター。
当犬舎のバレンが仙台に行った時は台風で船は大揺れ、会場に着いたら土砂降りの雨。
普通は出場までの間にトリミングをしたり、ウォーキングの練習をしたり
バリケンから出して貰えるのですが流石にこの時は無理。
出場の呼び出しされて初めてバリケンから出して貰い直ぐに審査開始。
悪天候にビビって動けなくなる犬続出の中、バレンだけがサッサカ歩いて
審査員の先生に「はい、この子」とCCカードを頂き、
その日が彼の「チャンピオン完成の日」となりました。
手前味噌ではありますが、バレンは゛生まれながらにしてショードッグ゛と言うイメージの犬です(^^)

能書きが長くなり過ぎましたので
次からは本題の雪ちゃんを観察した日々を綴りながら
その時々でキーワードの説明を挟みたいと思います。









スポンサーサイト
│posted at 17:00:17│ コメント 0件
≫コメント 
≫コメントを書く







 削除や編集のときに必要です。
管理者にだけ表示を許可します。
お気に入り

  
プロフィール

母ちゃん。

Author:母ちゃん。
数年前までドッグショーで自家繁ハンドラーとして活躍していた父ちゃん。あるお宅で生まれたパピヨンの女の子が気に入りこの子とチャンピオン完成を目指すべく活動を開始。父ちゃんに゛駄犬作りの名人゛と言われているアタクシ=母ちゃん。が、子パピ育てには手を出さずに2人の日々を観察&記録します(^ω^)

  
BMI判定

身長 cm
体重 kg

  
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。